二の腕のブツブツが小さい頃からコンプレックスでした

二の腕のブツブツが赤ちゃんのころからありました。

医師からは、大人になったら治るよと言われていましたが、小学生のころに、ノースリーブをきていて、男子に触られて「気持ち悪い、爬虫類みたいにざらざら」と言われてから、私の大きなコンプレックスとなってしまいました。

親に相談しても「治るから大丈夫」「そんな小さいこと気にするな」と言われましたが、私はもうノースリーブを着ることはなくなってしまいました。

大学生になって、やっと自分のアルバイトしたお金で自由に病院にいけるようになったので、さっそく皮膚科にいきました。

そのとき角質がやわらかくなるクリームを処方してもらいましたが、全く聞きませんでした。

やがてボーイフレンドができて、腕をさわられることもでてきたので、焦った私は軽石で二の腕をこすったり、やすりでけずったりと荒療治に出てみましたが、ぼつぼつが真っ赤になるだけで何もよくなりませんでした。

個人的に一番良かったかなと思ったのは、スクラブ入りの洗顔フォームで二の腕を丁寧に洗ったあとで、しっかり保湿することです。

こうすることで多少さわり心地が良くなったと思います。

やはり、いかに角質を柔らかくして、ざらつきを無くすかというのがポイントだと思います。

薬局でうっている尿素配合のクリームなども皮膚がやわらなくなり、状態はましになります。ただ、完治は難しいかなと思っています。

私は産後、体質が変わったのか、ホルモンのせいか。ザラッとした突起状のぼつぼつはほぼ治まりました。しかし見た目にはまだ赤いポチポチだけはしつこく残っています。

<二の腕ブツブツおすすめクリーム>

ピュアルテ 公式

コメントを残す